みんなのFx口座を使ってみて

みんなのFx

私は以前から株式投資を行っていましたが、株式市場が開いている時間以外は取引が出来ないことに不満を感じていました。

 

仕事の休日が不定期で、土日よりも平日にシフトがない日のほうが休めるにも関わらず、株式市場は9時から15時までしか開いていないのです。

 

そこで、平日であれば24時間にわたって市場が開いているFXを始めることにしました。

 

まずは取引口座を作らなければなりませんが、選んだのは「みんなのFX」です。

 

スプレッドが狭く、取引コストが安く済むことが大きな理由です。

 

また、株式取引の経験はあるもののFXは初めてなので、1000通貨単位で売買が出来ることも魅力でした。

 

口座開設はウェブで行うことができ、申し込みフォームに入力したあと免許証とマイナンバーを送信するだけです。

 

数日で口座開設通知が郵送されてきて、FX取引を行う準備が整いました。

 

取引システムはブラウザで行うタイプとクライアントをインストールするタイプがありましたが、私は迅速な売買がしたかったためクライアントタイプの「FX TRADER」を選びました。

 

ワンクリックで注文が可能なため、デイトレに向いています。また、「みんなのFX」では他のFX会社では一般的なデモトレードがありません。

 

私にとっては大きな問題ではなく、1000通貨単位で少額の売買を実戦で繰り返す方が真剣に取り組めるのです。

 

早速取引を始めてみると、株式よりも値動きが早いことに驚かされました。

 

しかし、FX TRADERは価格表示が大きく見やすいことに加え、複数の通貨ペアの価格をリアルタイムで表示できるため為替市場全体の動きが掴みやすかったです。

 

何度か売買を繰り返し、初日はプラスで終えることが出来ました。その後は売買単位を10000通貨単位に増やし、損失を出すこともありますが損益総額では利益を出せています。

 

取引システムの反応が良く、素早い操作を連続で行ってもしっかりと処理をしてくれるため助かっています。

 

まとめ

 

「みんなのFX」を使ってみての感想として、スプレッドが狭いため取引コストが低いことと1000通貨単位の売買が出来ること、そして取引システムであるFX TRADERの動作が機敏なことが印象に残りました。

 

スプレッドが狭く1000通貨単位で売買が出来ることは少額で始められるため初心者に向いていて、さらにFX TRADERは値動きがあった瞬間にアクションが取れるため重宝しています。

 

初心者だけでなく上級者でも使いやすいシステムだと言えます。

 

みんなのFXについて詳しく知りたい方は、公式ホームページみんなのFXで確認してみて下さい。

スプレッド最狭水準宣言    スプレッド最狭水準宣言