スキャルピング取引におすすめFx口座

スキャルピング取引しやすいFX会社

  1. SBI FXトレード

    SBI FXトレード

    なんといっても、スプレッドの狭さが魅力です。
    取引画面の操作感も良いです。

    SBI FXトレードの口コミはこちらから確認してみて下さい。

    SBI FX TRADE(公式ホームページ)

  2. JFX MATRIX

    1日取引上限なしのスキャルピングOKです。

    ホームページでも大きく載っているので、確認してみて下さい。

    JFX MATRIXの口コミはこちらから確認してみて下さい。

    MATRIX TRADER(公式ホームページ)

  3. みんなのFX

    ドル円100万円キャッシュバック

    みんなのFXはスプレッドの狭さが魅力です。

    キャンペーン内容も魅力的です。

    みんなのFXの口コミはこちらから確認してみて下さい。

    みんなのFX(公式ホームページ)

※スキャルピング禁止のFx口座があると良く聞きますが、内容としては、数秒でのスキャルピングを繰り返す自動取引ツールを使って、サーバー負担の大きいことを禁止するものであり通常取引する分には問題視しないことが多いようです。ただ、Fx会社によっては、明確に禁止されているところもあるかもしれませんので、規約の確認をおすすめします。Fx口座を凍結されるかもしれません。

 

スキャルピング解説

 

FXでは多額の利益を手にする個人投資家が存在しています。
そんなFXで成功を収めている個人投資家の多くが採用しているトレード方法がスキャルピングです。

 

スキャルピングはリスクを低減させて大胆な取引を可能にするトレード方法ですが、現実には誤解されその危険性が強調される傾向にあります。

 

しかし、スキャルピングは原則を理解して行えば、損失を抑えつつ高い利益を実現させてくれます。

 

ここでは、そんなスキャルピングのトレード手法やメリット、注意点について紹介したいと思います。

 

スキャルピングとは

スキャルピングは短期売買を繰り返すトレード手法

 

スキャルピングは、トレードの新規注文から決済までを短時間に限定し、大きな通貨単位でトレードする手法です。

 

スキャルピングでは大量の通貨単位で取引することで、小さな相場変動から多額の利益獲得を目論みます。

 

スキャルピングでは小さな相場変動から収益獲得を目指すために、売値と買値の差額であるスプレッドが狭いほど有利になります。

 

そこで、スプレッドが狭いドル円やユーロドルで行うことが多く、豪ドル円などのスプレッドが広くなるクロス円取引で行うことは稀となっています。

 

スキャルピングのトレード方法

 

FXでは、ある値にレートが到達したら注文を自動で入れられる指値注文の機能が備えられていますが、スキャルピングでは指値注文は利用しません。

 

スキャルピングでは、その時のレートを見ながら成り行きで新規注文を入れ、10秒から1、2分ほど経過したところで決済注文を入れてトレードを完結させます。

 

スキャルピングは瞬間的な取引であるため、トレードソフトの前から離れることはありません。

 

ローソク足を1分足や5分足など短期間の値動きが把握できるように設定し、レートの微細な動きを見ながらトレードを繰り返すことになります。

 

また、スキャルピングでは、レートが同一方向に動くトレンドを捉えて取引する順張りが原則です。

 

レートが上昇しそうな徴候を捉えたら、買いから入って上昇したところで売り抜けます。

 

逆に、下がりそうなら売りから入り、レートが下がったところで買い戻します。

 

また、レートが想定外の動きを見せたら瞬時に損切りし、損失を最小限に抑えます。

 

スキャルピングにおけるリスクの考え方

 

FXでは、新規約定から決済確定までのポジションの保有時間が長くなればなるほど、相場変動のリスクに晒されます。

 

スキャルピングは、ポジション保有を短時間に限定することで相場変動のリスクを抑えています。

 

相場変動のリスクが軽減されている分、大量の通貨単位を保有できるようなり、少ない値幅で多額の収益獲得が目指せるようになっているのです。

 

スキャルピングでは5割の勝率で十分な収益を稼ぎ出せる

 

スキャルピングでは、予想通りにレートが進んだ時にはポジションを保有し続けることで利益を拡大できます。

 

逆に、予想が外れた場合にはすぐに損切りして撤退します。

 

トレードが成功した場合には多額の利益が獲得できながら、トレードが失敗した場合の損失を少額に限定できる点がスキャルピングの特徴です。

 

スキャルピングでは、トレードが成功した時の収益が失敗した時の損失を上回るため、5割程度の勝率でも十分な利益の獲得を見込めるのです。

 

スキャルピングが向いている人

ゲームが得意な人

 

スキャルピングでは、FXで重要視されるテクニカルやファンダメンタルズはあまり関係ありません。

 

相場変動をいち早くキャッチして素早く反応することが重要で、その実態はゲームに近くなっています。

 

そこで、格闘ゲームやシューティングゲームなどが得意で、相場の微細な動きに反応できる瞬発力や反射神経を持った方にスキャルピングは向いています。

 

夜や深夜に時間をとれる人

 

スキャルピングは順張りでトレードするため、相場に強い一定方向のトレンドが表れた時がトレードのチャンスです。

 

アメリカ雇用統計の発表やFOMC議事録公表など、相場に強い影響を与えるビッグイベントは日本の夜や深夜に行われる傾向にあります。

 

そのような深夜帯にトレードに集中できるの環境にあれば、スキャルピングで稼ぎやすくなります。

 

スキャルピングが向いていない人

冷静さに欠ける人

 

スキャルピングは大量の通貨単位で取引する手法です。

 

トレードに失敗した場合には、通貨単位の大きさに応じた損失が発生してしまいます。

 

トレードに失敗した時に損を取り戻すため無理なトレードを行うと、大きな損失を出しかねません。

 

そこで、スキャルピングでは、たとえトレードに失敗しても興奮することなく、冷静さを保てる心の余裕が必要になるのです。

 

いい加減な人

 

スキャルピングでは慎重さも必要です。

 

取引量が大きくなるため、選択する通貨ペアを間違えたり、取引単位を誤ったりすると想定外の損失を被ってしまいます。

 

また、スキャルピングでは想定外の相場変動に巻き込まれることを避ける必要もあります。

 

相場変動を避けるには、事前にスケジュールをチェックして指標発表などの経済イベントの日時を確認しなければなりません。

 

いい加減な人はミスをしがちで、スケジュール確認を怠る傾向にあるため、スキャルピングには向いていないのです。

 

スキャルピングで重要なこと

スキャルピング可能で、スプレッドの狭いFX会社を選択する

 

FX会社の中にはシステムの関係でスキャルピングを規制しているところがあります。

 

スキャルピングする場合には、スキャルピング可能なFX会社を選択する必要があります。

 

また、スキャルピングではスプレッドの値も重要です。

 

小さな値幅で利益を出すためには、スプレッドが狭ければ狭いほど有利に働くため、なるべくスプレッドが狭いFX会社を選択すべきです。

 

さらに、新規注文時に自動的に逆指値注文を入れられるFX会社であるほうが利便性が高くなります。

 

というのも、新規注文の約定直後に予想とは逆の方向にレートが大きく振れた時でも、逆指値注文を自動で入れられれば自動的に損切りでき、より安全にスキャルピングできるようになるからです。

 

損益に関するルールの策定

 

ゲーム感覚でトレードできるスキャルピングでは、許容範囲を超えた取引を行いがちになります。

 

そこで重要となるのは、1日の取引における損益限度額についてルールを定めることです。

 

調子の悪い日にはトレードの失敗が続いて損失が膨らんでしまいます。

 

そんな時、無理して損失を挽回するような取引をしては、さらに損失が膨らむ可能性があります。

 

また、連戦連勝を重ねると、気持ちが大きくなって大胆な取引を試してみたくなる場合もあります。

 

そのような無理な取引を避けるため、1日の損益に限度額を設定し、その金額に到達したらその日はそれ以上取引しないようにするのです。

 

このようなルールに従い計画的にスキャルピングを行えば、大量の通貨単位による取引でも安全にトレードできるようになります。

 

まとめ

 

スキャルピングは、トレードにおけるポジションの保有時間を極端に制限することで相場変動のリスクを軽減させ、かつ大量の通貨単位でトレードを行って、多額の利益獲得を目指すものです。

 

スキャルピングは経験や学習よりもむしろ感覚に左右される点が強く、瞬発力や反射神経の優れた方におすすめのトレード手法です。

 

スキャルピングが向いているかは、実際にトレードしてみないとわかりません。

 

FXをするのであれば、一度、スキャルピングを行って自分に能力があるのかを検証する必要があるのです。