東岳証券

東岳証券について簡単に説明しますが、他の証券会社と大きく異なる点が取扱商品にあります。

 

FX、商品CFD、証券CFDが主な取扱商品ですので、初心者の方には少し敷居が高いイメージがあるかもしれません。

 

しかし、わたしの感想としては、取扱商品を絞ることで、より専門的なサービスを展開していると感じました。

 

東岳証券の取引ツール

 

東岳証券でFx口座を開設して取引をする場合、HorizonAutonという取引ツールを使用することができます。

 

これまで様々な証券会社が提供している取引ツールを利用してきましたが、HorizonAutonは画面が分かりやすく、直感的に取引操作を行いやすいツールであると感じました。

 

そのため、初心者の方でも取引ツールの操作で困ることは少ないと思われます。

 

わたしは、初めは非常にシンプルな取引を行っていましたが、3日ほどして慣れてきたので、専門家が考案したオートトレードという手法を追加しました。

 

取引ツールの詳しくは、FX初心者24時間サポート|東岳証券
(公式ホームページ)で確認してみて下さい。

 

自動売買システム

 

自分で行うトレードと並行して、オートトレードでも自動的に売買ができます。

 

東岳証券のFx口座の他の口座との違いとして、非常にシンプルな自動売買システムがあることが挙げられます。

 

わたしも実際に利用した、トレンドフォローイフダンと言われるものなのですが、これは運用も簡単ですがロジックも分かりやすいものです。

 

わたしは自分でプログラムを組むことはできませんが、どのようなロジックになっているかということは理解できます。

 

東岳証券のホームページにも説明があるのですが、システムの名前のとおりにトレンドフォロー型のシステムです。

 

トレンドフォロー型というのは、上昇した時にそれに乗って買い注文を入れ、一定の値幅まで上昇した時に利益を確定するものです。

 

これは非常にシンプルなものですが、ほとんどの相場において効果を発揮できる考え方です。

 

わたしは、4か月ほど検証期間を設けて実際に取引を行いましたが、自分の経験に基づいた取引の結果が、元本が40万円に対して、4か月の合計利益が10万円になりました。

 

対して、ほぼ4カ月間運用したトレンドフォローイフダンの成績は、元本を同じ40万円に設定し、取引枚数もほぼ同じになるようにしました。

 

そのうえで、わたしの結果をわずかに上回る12万円の利益を上げました。

 

正直な気持ちとしては悔しいですが、相場に張り付く苦労をせずにここまでの利益を上げられることは非常に優秀なシステムの証です。

 

ストラテジーも豊富にそろっており、結果も公表されていますので、それらを参考にストラテジーを選ぶ楽しみもあります。