ヒロセ通商

複数の業者で、Fx口座を開設した経験があります。

 

最初はよく分からず、開設時にもらえるというボーナスにつられ、適当に業者を選んでいました。

 

口座開設の方法はこちらで確認してみて下さい。

 

SBI証券での口座開設の手順を順序を追って説明した記事ですが、どこの証券会社もほぼ同じです。マイナンバー有りです。

 

しかし、しばらくしてから、Fx口座はどこも同じというわけではなく、それぞれに違いがあるということを知りました。

 

取引単位の違い

 

まず、取引通貨の単位の違いです。

 

ほとんどの業者は、取引通貨を1万通貨からに設定していました。

 

しかし、1万通貨を得るには、数万円の証拠金が必要です。

 

さらに、ほんのわずかなレートの変化であっという間に大きな損益が出ます。

 

そこで、よくよく調べてみると、1000通貨や100通貨でも取引できるところがあると知りました。

 

そのひとつが、ヒロセ通商でした。

 

ヒロセ通商は1000通貨からとなっていて、証拠金も数千円で済みます。

 

お陰で、1万円程度の元手でも取引することができました。

 

海外からの利用

 

さらに、最大の他の口座との違いは、海外在住でも利用可能という点でした。

 

私は仕事の都合上、海外で生活することがしばしばあるのですが、多くのFx業者は海外在住者による利用を認めていません。

 

以前、海外から取引しようとしたら、いくつかの業者で「海外からは利用できない」というメッセージが届きました。

 

Fx口座のお陰で、多少なりとも儲けが出ていたので、本当に困りました。

 

焦って必死で探していたときに、ネットで知ったのがヒロセ通商でした。

 

実際、海外の住所で申し込みをして、問題なく口座開設ができ、すぐに取引ができるようになりました。

 

スワップの狭さ

 

それから、ヒロセ通商はスプレッドが狭いのも良い点です。

 

スワップに関しては、他の口座と大差はありませんが、悪くもないと思います。

 

キャンペーン

 

さらに、毎月様々なキャンペーンが行われています。

 

私がに日常的に使っているのは、取引に応じて返金サービスがあるというものです。

 

取引を規定回数以上繰り返すことで、何らかの返金をしてもらえるというものです。

 

ビックリするほどの高額ではないですが、それでも入金があるのは嬉しいものです。

 

取引時間

 

また、Fx口座の取引時間ですが、月曜の早い時間からスタートなのも大きなメリットです。

 

月曜の早朝はいわゆる穴埋めの絶好の時間帯ですので、これは重要です。

 

詳しくは、ヒロセ通商(公式ホームページ)

 

Fx業者の中には、月曜日の朝、なかなか開始しないところもあるので、早く動き始めるのは非常に助かります。

 

大きなイベントの後などは、とても大切です。

 

約定スピードも比較的早いほうですし、私はヒロセ通商をメインとして利用して満足しています。

為替