私はFxを初めて半年程度のFx初心者ですが、一般的な会社員と比較して一日のうちにFxに割ける時間がかなり多く、毎日数時間程度の研究と実践を積み重ねています。

 

その過程で、自分が使いやすいFx口座を探して様々なFx会社で取引口座を開設してきました。

 

最近は、10口座近く開設したなかから使いやすい口座で集中して取引を行うようになってきました。

 

メインはヒロセ通商

 

メインで使っているFx口座はヒロセ通商です。

 

取引数量に応じて賞品がもらえるキャンペーンを頻繁に実施していて、キャンペーン期間中に1万通貨の取引をしただけで1万円が口座にプレゼントされたり、レトルト食品が自宅に送られてくるといった嬉しい特典があるのです。

 

キャンペーンについてもっと詳しくは、ヒロセ通商(公式ホームページ)を確認してみて下さい。

 

また、他のFx会社ではポジションを持とうとして発注ボタンを押しても少しの間を置いてから約定することがあり、狙った価格でポジションを持てないことが頻繁にありました。

 

しかし、ヒロセ通商では約定が瞬時に行われ、ほぼ全ての取引で狙った価格での約定に成功しています。

 

取引を行う回数は少ないものの、常にツールを起動させているFx口座がFXTFです。

 

FXTFでは取引ツールとして世界的に有名な取引プラットフォームであるMT4を採用していることが大きな理由です。

 

MT4は豊富なチャート表示機能をはじめとする多彩な機能を備えていながらも、初心者でも使いやすいツールだと感じています。

 

ロシア製のソフトウェアですが完全に日本語化されていることに加え、ビジュアルが分かりやすいため直感的に自分がやりたいことをMT4で設定できるのです。

 

一つの通貨ペアで5分足と15分足のチャートを同時に表示させたり、異なる通貨ペアで同じ時間足のチャートを表示させるといったことが自在に行えて、さらにそのチャートにテクニカル指標を追加できるのです。

 

テクニカル指標の種類も非常に多く、移動平均線やボリンジャーバンドなどの初心者でも聞いたことがある指標から初めて聞く名前の指標まで揃っています。

 

一方で、一定額以下の出金には手数料が掛かってしまうため頻繁に投資資金を出し入れできないことがデメリットだと感じています。

 

私の場合は、FXTFのMT4でチャートに移動平均線などのテクニカル指標を表示させておき、ポジションを持つタイミングであることが確認できたらヒロセ通商の取引ツールで発注するようにしています。

 

他にもFx口座を持っていますが、ヒロセ通商とFXTFの二つがあれば困ることはありません。

為替