DMM.COM

元々は、この会社が、大盤振る舞いの口座開設キャンペーンを開始したと記憶していますが、そのころからのユーザーです。

 

初めて、DMM.COM証券のFx口座を利用した感想としては、取引画面もチャートシステムもすべてweb形式であったため、すごく安っぽい感じがしました。

 

おそらく、他社を利用している人の多くがそう感じたのではないでしょうか。

 

まあ、動画系の会社だから仕方ないかとも考えたのですが、慣れるにつれて意外と使いやすくなってくるのです。

 

そのように考えて設計されたわけではないでしょうが、シンプルな造りは慣れると非常に使いやすくなるということでしょう。

 

この使いやすいというのが、他の口座との違いの中で最も大きいと感じています。

 

スプレッドが狭い

 

DMM.COM証券の場合、余計な情報などはほとんど提供しない中級者以上をターゲットとした設計で、その分を業界でも最も狭いといわれるスプレッドに反映させているというところでしょう。

 

もっと詳しくは、DMM.com証券
(公式ホームページ)で確認してみて下さい。

 

ただし、チャートは豊富ですし使いやすいので、初心者の方でもファンダメンタルズよりはチャート重視という方には問題ないと思われます。

 

動画系の会社ということで、初期のころは回線が切れるだのいろいろ言われていましたが、私が利用している限りそのようなことに遭遇したことはありません。

 

ただし、欲を言うと、米国の経済指標の発表時などの価格差が大きく、また、通常時に戻るのには少し時間がかかるという印象があります。

 

特に、MT4 と比べると結構差があるように感じます。

 

国内業者の場合には、レバレッジっ規制がありますので、独自の取引システムで勝負していますが、この規制がなくなると、逆に、MT4に席巻されてしまうのでなないでしょうか。

 

いずれにせよ、現時点では、国内業者の中では非常に使いやすいシステムであることは間違いありません。

 

とにかく、web形式な簡単で使いやすいところがよいのですが、セキュリティに関しても問題ないと思いますが、念のためセキュリティソフトなどで対策しておくことも重要です。

 

また、DMM.COM証券のweb形式の取引画面には、初心者向きのものと上級者向きのものがありますが、初心者向きはあまり利用する人もいないのではないかと感じます。

 

上級者向きとは言え、非常に使いやすいものですから初心者でも少し慣れれば問題なく使いこなせるレベルです。

 

アプリが使いやすい

 

また、スマートフォンアプリも非常に使いやすく、これも業界トップレベルでしょう。ipadにも対応しています。

 

そこらへんはさすが、DMMといった感じです。