イギリスの投票結果の調査で「EU残留派優勢」

 

Yougov(ユーガブ社)英国国民投票調査:52%残留, 48%離脱




この、Yougov(ユーガブ社)の調査結果は、スコットランド独立を問う住民投票の結果も「ピタリ」と一致させたことから、信頼性は高い。

 

また、最大手の賭けや(ブックメーカー)のオッズも、残留確率が92%に高まった。

 

Yougov(ユーガブ社)英国国民投票調査:52%残留, 48%離脱とのニュースが流れた直後、某FX取引業者のパソコン画面が動かなくなった。

 

そして、今現在6:24、ポンド/円のスプレッドは、私が取引しているFX業者は、20~28。

 

ポンドスプレッド

 

イギリス「EU離脱決定」のニュースだったら、こんなものでは済まなかっただろう。

 

もちろん、結果が発表されるまでは、わからないが、本日は、各地域の結果発表が日本時間と重なることもあって、賑やかな一日になりそうだ。

 

本日の日本時間でのタイムスケジュールは、

 

日本時間で、

 

6/23

15:00 投票開始

 

6/24

6:00 投票終了

 

投票終了ののち、即日開票で、地域ごとの発表。

 

6/24

9:00 4地域
10:00 48地域
11:00 61地域
12:00 135地域 このあたりで大勢が判明
13:00 109地域 大勢が判明
14:00 66地域
15:00 最終結果発表

 

各地域の発表ごとに、「反応」しそうだ。

 

この、Yougov(ユーガブ社)の速報がでたので、ある地域で「EU離脱支持」が上回っても、それほど下に反応はしないかもしれないが、最後の発表まで、ポジション管理には細心の注意を。

 

ポンドの買いポジションを増やしていた、「ミセスワタナベ」の今回は勝利に終わりそうだ。