FXの塩漬けポジション

 

塩漬けと聞くと「株」を思い浮かべる人は多いと思います。

しかし、FXでも立派な塩漬けは作れます。

そして、苦しみます・・・

 

fx手法

 

このポジションは、2月日銀がマイナス金利を発表した後、下落したところを、押し目だと思って持ったポジションです。

中長期的に見て、日米の政策の違いから、上方向だろうと思っての買い(ロング)でしたが・・・

こんな状況に。

 

FXでもなぜ塩漬けを作ってはいけないのか

 

それは、

 

  • 資金を回せなくなる
  • 追加証拠金が必要になる
  • 強制ロスカットに怯える
  • 涙が出そうになる・・・

 

まず、資金を回せなくなるですが、事業をやっている人ならわかると思うのですが、FXも同じで、お金を回すことによって利益を得ていきます。
この回転が速いほど資金は増えていきます。
毎日100円の利益で1年だと、36,500円の利益ですが、1年で100円の利益だと、100円です。例えばですが。
この虎の子の資金が、動かせなくなってしまいます。

 

追加証拠金が必要になるですが、これはFXのルールで、証拠金がある一定額を下回ると追加で、証拠金を入れねばなりません。
虎の子が、ますます減っていきます。

 

強制ロスカットに怯えるですが、残酷なメールがきます。
不幸の手紙のようです。

 

FX塩漬け

 

涙が出そうになるですが、頭ではわかっているのです。ポジションを持ったら、「必ず」ロスカットを入れておくこと・・・絶対に!
わかってはいるのにこうなってしまった自分に対して情けなく・・・

 




株の塩漬けでも同じことが言える

 

古漬けです。

FX塩漬け

 

FXとは違い、信用取引ではない現物なので、追加証拠金、強制ロスカットはありませんが、売るに売れない、虎の子を回せない。
だから資産が増えない。
そのところは同じです。

 

落ちてきた「ナイフ」を掴んでしまいました。

 

FXでも塩漬けを絶対に作ってはいけない訳(まとめ)

 

一言でまとめると、

塩漬けは「機会損失」そのものだから、絶対に作ってはいけないのです。