熊本で震度7の地震

本日、2016/4/14に、東日本大震災以来の地震が発生。

現時点では、2人死亡、けが人は多数出ているもよう。

14日午後9時26分ごろ、九州地方を震源とする地震があり、熊本県益城町で震度7の揺れを観測した。気象庁によると、震源の深さは約10キロ、地震の規模(マグニチュード)は6.4と推定される。警察庁によると、この地震で12人が負傷した。震度7の揺れが記録されたのは2011年3月の東日本大震災以来。

 午後10時すぎには、熊本地方を震源とする余震とみられる震度6弱の揺れを観測した。熊本県知事は陸上自衛隊に災害派遣を要請した。

 熊本県警などによると、益城町で10軒以上の家屋が倒壊し、女性1人ががれきの下敷きになり、意識不明の重体。火災が1件発生しているとの情報があり、被害状況の確認を急いでいる。警察庁によると、益城町に被害が集中し倒壊家屋に5人が下敷きになっているとの110番があった。

 政府は首相官邸の危機管理センターに官邸対策室を設置し、情報収集を進めている。菅義偉官房長官は緊急の記者会見し「被害状況の全容把握に努めている。複数の家屋が倒壊しているとの情報がある。原子力施設については被害の情報は入っていない」と述べた。

 九州電力によると、佐賀県の玄海原発に異常はない。鹿児島県の川内原発は運転を続けている。

 JR九州によると、九州新幹線は博多―鹿児島中央駅の全線で運転を見合わせている。

 主な各地の震度は次の通り。

 震度7=熊本県益城町

 震度6弱=熊本市、熊本県玉名市、宇城市、西原村

 震度5強=熊本県菊池市

 震度5弱=宮崎県椎葉村。 く

為替への影響について

一時、リスク回避の円買いが強まったものの、戻してきている。

8

戻してきているとはいっても、まだ半値戻し程度なので、夜が明けて被害の状況次第では日本時間の為替相場は荒れそうだ。

また、大きい地震の後には、余震もあるので、少なくともここ1週間くらいは日本発のニュースにも注視しないといけない。