米ドル/円「110円」割れ

米ドル/円があっさりと110円を割ってきた。

FOMC議事録で、改めて利上げに慎重な姿勢が示されたことによってだが、先週のイエレン議長の発言によるところもおおきい。

ただ、「数人のメンバーが4月利上げの可能性を指摘」と伝わると少し値は戻した。

しかし、少し戻すも主要通貨に対してドルは売られている。

これで、4月利上げ「なし」は折り込まれたことと思う。

5

あとは、6月利上げに向けてアメリカの経済指標で強い数字が出るたびに米ドルが買われていく展開を予想する。

しかし、昨日記事にも書いたが、日本の経済の先行きが良いようには思わない。

このところの株価の下落もそのことを表しているいるように思う。

そうなると、米ドルは買われるかもしれないが、円も買われて結局米ドル円はほとんど動かない。
トルコリラ/円は米ドル、円どちらも買われるので下がる。
ユーロ/米ドルは下落方向へ。

これは、自分の持っているポジションだが、、、

19

20

望みがあるのは、ユーロ/米ドルくらいか、、、

なんでこんなにも円が買われるのだろうか?

先月末までは、実需の買いということは納得いくのだが、、、

新年度にもなったことだし、もう少し円が売られても良いような、、、