来週の為替予想

2016/3/25発表された、米国国内総生産 (前期比) は、

前回:+1.0% 予想:+1.0% 結果:+1.4%

と強い内容になった、しかし当日米国はグッドフライデーの祝日で、市場参加者はほぼ不在だったこともあり、上げは限定的だった。

このことから、来週は米ドルが買われる展開を予想する。

4/1(金)の失業率発表を控えじりじりと、米ドル/円は上げていくのではないかと思っている。
利上げが見送られ、利上げのスピードも鈍化したことから、米ドル/円はこのところ下げていた。
しかし、先週はじりじりと上げてきていたし、金曜日の発表もあり週のはじめは期待したい。

米国旗

なにせ、日銀のマイナス金利発表直後に仕込んだロングのポジションがあるので、気が気ではない。

ただ、週後半になると、失業率の発表というイベントが控えているので、いつものように動かなくなるのではないだろうか。
4/1の発表後は新しい期の始まりということもあって、方向感が出てくるものと思う。