長期金利がマイナスに

長期金利が初のマイナスをつけました。

リスクオフの流れが止まりません。

ドル/円も114円台で1年半前の水準に。

先週までは、日銀のマイナス金利策で円安方向に向かうかと思われたが、市場は世界的なリスクオフの流れのままで、円が買われている。

しかも、マイナス金利発表前よりも円高になっている。

今週は、中国市場が春節の休みということもあって、落ち着いた1週間になると予想する記事もあったが、一気に円高方向へ。

どこまで続く原油安

これまで何度も底かと思われるところはあったものの、底は打っていない様子。

こんな記事がありました。

原油安と同時に株安が進行しています。日経平均が2万円台だった頃が妙になつかしく、執筆時点の日経平均株価は1万7,100円ほどです。

不安要素が少なくなく市場はリスクオフの状況ですから、今、株を買うのは恐いと思う方は少なくないようです。

しかし、原油安・株安の今こそ初心に帰るべきではないでしょうか。株投資の基本は、「安い株を買い、高くなったら売る」です。

株が割安になった今が「株を買う時」と、思考を変えてみましょう。

この記事の結論
原油安・株安が進んでいる今こそ初心に帰り、安くなった株を仕込みたいと思います。とりわけ今回は、原油価格連動型投信4銘柄に注目です。

・WTI原油ETF(1671)

・ETFS WTI原油投信(1690)

・NOMURA原油(1699)

・原油ブル(2038)

株は安いときに買い、高くなったら売る

このWTI原油ETF(1671)を何度かに分けて買ってきました。

底だと思って。

チャートもWボトムの形になったことは何度もありましたが、半値になっています。

落ちてくるナイフは掴むなです。

どこが底かは分かりません。

しかも、底に張り付くとゆうパターンもあり得ます。

先日は、原油15ドルもあり得るとゆう記事の「タイトル」をみました。
記事は見てませんし、探しましたが見つからなかったので、載せられませんでしたが、、、

結論「先のことは分からない」のです。

長期金利がマイナスに、どこまで続くリスクオフ(まとめ)

長期金利がマイナスになり、円高がこれほどのスピードで進んでいるということは、間違いなく現時点では「リスクオフ」です。

いつまで続くかなんて誰にも分りません。

市場から退場しないよう、リスク管理、資金管理の徹底を。。。