英ポンド/円の特徴(はじめに)

値動きが荒く、デイトレーダーに人気の通貨ペアです。
値動きが荒すぎて、殺人通貨と呼ばれています。

 
1日で10円も動くときがあるほどです。
 

米ドルが基軸通貨になる前の基軸通貨がポンドでした。

 

表記はGBP/JPYになります。

 

英ポンド/円の桁は、169.03円表記で、日本人にはなじみやすいと思います。

 

日本のFX会社各社のスプレッドは米ドル/円やユーロ/円に比べると倍もしくはそれ以上と、決して狭くはありません。
しかし、値動きがあるため、FX上級者には好まれています。

 

英ポンド/円の特徴(値動き)

先ほどから何度も述べているように、値動きが荒いです。

投機筋の短期売買による大口取引があるため、読みも難しい通貨ペアだと思います。

 

米ドル/円の特徴(まとめ)

 

まずは米ドル/円でFX取引の基礎をマスターし、ユーロ/円、などの取引を経験してからの方が良いと思います。

初心者がてをだすにはちょっと難しすぎるように感じます。
リスク管理を徹底しないと、即退場です。