FX最大の「コスト」税金

FXをしていて一番何とかしたいのが税金。

しかし、どうにもなりません。

どうにかしようとすると(脱税)捕まります。

しかし、いくつか対策(脱税ではありません)をうてることはあります。

 

このページでは、そもそもFXにかかってくる税金のことを「シンプル」に書いています。

対策については、FXの税金対策のぺージにて

FXしていて、そもそも税金払う必要あるの?

あります。

 

しかし、この条件にあてはまった人だけです。

サラリーマンなどで、年間20万以上勝った人。

専業主婦などで、年間38万以上勝った人。

 

だいたいどっちかの人だと思います。

あくまでも「シンプル」に書いています。

 

詳しく確定申告が必要な人を書くと、

  • 自営業者・自由業者で年収38万を超えている人。
  • 給与年収が2000万未満で雑所得が年間20万を超えてる人。
  • 給与所得が無い方で、雑所得の合計が年間38万を超えてる人。
  • 年金生活者で、公的年金、年400万未満で雑所得が年間20万を超えてる人。

です。

では、いくら税金を払うの?

ずばり、利益の20.315%です。(所得税+住民税20%+復興特別所得税0.315%)

利益とは雑所得といいます。

 

FXの場合

決済損益・・・ポジションを決済して確定した為替損益の合計

スワップポイント・・・実際に受け取った(支払った)スワップポイントの損益の合計

経費・・・取引手数料や書籍代などの合計

決済損益+スワップポイント-経費=雑所得

になります。

税金はどうやって払うの?

確定申告という方法で払います。

実は、損益などの計算はどこのFX会社も簡単に計算できるようになっているのですが、

この確定申告の作成がめんどくさいのです。。。

これは、FXで勝った時、負けた時の確定申告の仕方「超シンプル」ぺージにて説明します。

 

税金の知っていると「お得」なこと


損失の繰越控除が3年間可能

 

シンプルに言うと、

今年は勝っても、前年、前前年、その前と負けていれば、プラマイしてみて、払う必要額に達してる?

とゆうことです。

 

やっと最近勝てるようになって、税金のことを調べているようなら要チェックです。

ただし、負けてた年、そしてその後の年にも申告が必要です。

 

税務署は取る時は容赦ありませんが、還付だとか控除だとかは、親切に教えてはくれません。

あくまでも自分で「お得」にもっていかなければなりません。

 

あとは、損益通算ができます。

市場デリバティブ取引で損益があればそれとプラマイできます。

あと、税に関してはコロコロ変わるので、毎年何かお得になったことはないか、チェックする習慣をつけた方がよいと思います。

 
関連記事

FXで勝った時、負けた時の確定申告の仕方「超シンプル」

FXの税金対策

FXのマイナンバー登録について

FX会社選び!日本のFX会社なら大差なし!!(でも比較)