FXの負け方(はじめに)

 

FXでは9割以上の人が負けています。

 

理由は簡単、みんな同じ感情を持っているからです。。。

“損”はしたくないのです。

私も同じです。

 

FXをしている人なら損小利大とゆう言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか?

負けは小さく勝は大きくとゆうことです。

 

頭では解っていても行動はとゆうと、、、

損切りはいつまでも出来ない。

利が少し乗ったら利確する。。。

そしていつまでも安定して勝てないので聖杯探しの旅に出る、、、

断言します。

 

ありません!

 

相場がこの先どうなるかなんて絶対にわからないのです。

 

怪しい情報商材やセミナーなんかがありますが、

Fxで勝ち続けられるのなら、わざわざ苦労して情報商材を売ったりセミナーしたりなんてしないと思います。

勝ちやすいパターンがあったとしても相場環境が日々変わっている中いつまで通用するのかわかりません。

いつまで通用するかわからないので、情報商材を売ったりしているのではないでしょうか。

 

今では、コンピューターによるアルゴリズム取引が増えてきています。

コンピューターが市場の動向を判断して超高速で取引しているのです。

私の勘ピューターでは勝てる気がしません。

絶対に勝てる方法がない以上聖杯探しはやめて、負け方を考えてみてはいかがでしょうか?

 

トレーダーが唯一コントロールできるのは、損切り(負け方)だけなのです。

負け方を制する者だけが、FXで生き残っていけるのだと思います。

このことが損小利大につながってくるのだと思います。

今一度、勝ち方ではなく負け方(損切り方法)を考えなおした方がよいのではないでしょうか?